HOME サポート概要 検査・診断 KSJレポート一覧 事務所案内 料金一覧 リンク

 


KJSコラム


KJSコラム No1
2017.8.7

 KJSのホームページをご覧頂いている皆様へ

 最近、ほとんど更新ができていませんでした。大変申し訳ありません。と言うのも、近年、建物調査の依頼が多くてKJSホームページの更新がままならない状態でした。特に今年の1月からは、ずっと夜中まで仕事に追われる状態でしたが、それでも追い付けなくて、本調査など2ヶ月以上もお待ち頂いているような状態でした。(いきなり愚痴っぽくなりましたが・・・。)

 ところで、近年の建物でありながら、何でこんなに瑕疵のある建物(欠陥住宅)が多いのでしょう?建築自体ないし建築の瑕疵というものを理解していない建築会社や建築士が多すぎるのではないでしょうか。

 ここ1〜2年の間に、瑕疵の指摘に対し、完成したばかりの入居前の建物を解体し、更地にして施主に返したという例もあります。この場合、瑕疵修補よりも建て直した方が「早い・安い」と言うほどの瑕疵が存在していたからです。
 また、入居したばかりの新築建物や完成直前の建物を、建築会社側から“宅地ごと買い取らせて下さい”というケースも複数ありました。如何に瑕疵のある建物といえども、建築会社には買い取りをしなければならないという法的責任(規定)はありません。したがって、「買い取り」は稀なケースであり、互いの合意ができた時に限られる解決方法なのです。(係争に至っても敗訴の可能性が高いという判断だったのかも知れませんが・・・。)

 ところで、瑕疵修補はなんとか出来るのに「買い取り」が行われることがあります。このような場合、建物自体が膨大な改善工事になることに加え、分譲地の一画であるがゆえにその建物の改修だけでは済まなくなることがあるからです。つまり、その建築会社が問題物件の“買い取り”を決断するなどのことは、それなりの理由(近隣の建物への波及や風評によって自社が傾く可能性等)があるからです。
 無論、その周囲の建物についても、同建築会社の建物で同建築士が携わり、かつ、同職人が施工した建物なのですから、瑕疵・欠陥の存在は言わずもがなでしょう!!

 



Copyright (c) 2006 KJS 九州住宅検査システム All rights reserved.(許可なく転載を禁じます